セントラルメディカルの解体新書

セントラルメディカルグループの社員が当社の紹介をしたり、会社とは関係ないことを呟いたりするブログです。

旅行

そうだ!京都へ行こう!!@2019

こんにちは、EoSです

 

ついに新しい時代を迎えましたね

GWと重なったこともあり、今回の元号改定ではかなりの経済効果もあったのではないでしょうか?


私、「昭和」から「平成」へと移り変わる様子も見てきましたが
以前と違って今回のように日本全国お祝いムードで新しい時代を迎えるってのも良いですね!

 

とゆーわけで「令和」最初のブログを担当させて頂くことになりました!

新時代一発目に相応しい長編の記事になると思いますので、よろしくお願いいたします!

 

さてみなさん、史上最長と言われた今年のGWは有意義に過ごされましたか?

私は近県へ日帰りドライブに行く予定しか無かったのですが、

嬉しいことに友人から急遽、京都旅行同伴のお話が舞い込んできたので

有難く行かせていただきました!

 

それでは早速その様子をリポートしたいと思います

 

出発はこどもの日の5月5日。

8:15金沢発のサンダーバードで向かいました

DSC06400
 

京都駅に着いたのは10時半過ぎ
DSC06564

それからホテルへ荷物を預けに行ったりしてたので

実際に行動開始したのは11時半頃になってしまいました

 

観光するにはあまり時間がありませんでしたが、

とりあえず今回の目的は「今まで行ったことのない所へ行くこと

 

昨年の夏にも京都リポートをしましたが

今回は前回リポートした場所と一切カブっていませんので安心してください

 

とゆーわけで最初に向かったのは「三十三間堂」

DSC06436
 

京都駅から清水寺方面へ向かうバス路線の途中にあるのですが

長さ約120mほどの細長い建物の中に1001体の仏像がギッシリと並んでおり

その姿は正に圧巻です

仏像にあまり興味がない私でも、来てよかったなーって思いました

 

ただ、残念なことに堂内は撮影禁止だったので、
中の雰囲気などは公式ホームページでご確認くださいww

http://sanjusangendo.jp/ 

 

1001体もあるのに、それぞれ顔が違うので、
必ずどこかに会いたい人に似た仏像があるとも言われていますが

数が多すぎるのと、奥の方にある仏像は顔がよく見えないので、
もし見つけることができたら凄くラッキーだと思います

 

ちなみに外観はこんな感じ

DSC06418
 

清水寺みたいに広大な敷地面積ではありませんが

写真映えしそうなスポットもあるので、ご参考までにw

DSC06417

DSC06427
 

三十三間堂を出た後は近くのカフェで昼食をとり、続いて向かったのが「平安神宮」

その名はかなり有名ですが明治時代に建立されたものなので、
京都の中ではかなり新しい神社なんですよ

 

巨大な大鳥居を抜けて・・

DSC06442
 

さらに進むと立派な門が見えてきます。 

DSC06447

DSC06455
 

それを潜ると視界に立派な社殿が飛び込んできました。

まるで平等院鳳凰堂のように横に大きく広がってますね

DSC06463-1

DSC06464-2

天気も良かったので、青空に朱色の柱が映えて

とても見応えのある神社でした

 

せっかくなのでおみくじを引いたところ・・

DSC06466
 

・・・・・Σ( ̄ ̄lll)・・・・・

 

人生初“凶”です

半ば都市伝説かと思っていましたが

ホントに“凶”ってあるんですねww

 

滅多に見れないものを見れたので

逆にある意味“ラッキー”と、ポジティブに考えることにしましたw

 

それでも後味は悪いので、もう一度引き直して出た結果が「吉」
DSC06467

まぁ少しはランクアップしたので良しとしますwww

 

そして境内にあったこの木・・
DSC06469

パッと見、“何の花だろう?”と思いましたが

よく見たらおみくじでしたw

もちろん私の“凶みくじ”もここにしっかりと結んできましたよ

 

この後、御朱印を頂いて平安神宮を出た時点で既に16時を過ぎていたので

たった2か所ですが、この日の神社仏閣巡りはこれでおしまい

 

平安神宮前にちょっと変わったスタバがありましたが
時間も無かったのでここは我慢して次の目的地へ・・

DSC06470

 

次に向かったのは祇園エリアです

四条大橋辺りでバスを降り、周辺を散策

DSC06473

DSC06479
 

それから向かったのが祇園エリアにあるカフェ

実は以前たまたまSNSで見付けたカフェに興味が沸いて

次に京都へ行った時には是非立ち寄ってみたいと思っていたんですよねー

 

場所は鴨川沿いにあるこのお店
DSC06481
「CACAO MARKET by MarieBelle」

ここはニューヨークにあるチョコレート店「マリベル」の姉妹店で、

ニューヨークでは勿論ですが、京都でも大人気のチョコレート専門店なんですよ

お店の横にはこんなフォトスポットもあります

DSC06482

店内には洒落たパッケージのチョコが沢山!
DSC06485DSC06487
DSC06489DSC06490

100g単位でのバラ売りもしてますが、どれも決して安くはありません
その分どれも凄く美味しいチョコなので、
特別な人へのお土産としては喜んでもらえると思いますよ

 

さて、私が行きたかったお店はここではなく、このお店の裏にひっそりと佇むカフェ

「Angel Library

DSC06521DSC06520
 

実はこの店、ご覧の通り、入り口には暗証番号を入力しないと開かない扉で閉ざされています

DSC06494
 

まるで秘密基地のようなカフェ。

どんなお店なのか興味沸きませんか?笑

 

ではこの扉の暗号をどーやって入手するのかとゆーと、

先ほど紹介した「CACAO MARKET by MarieBelle」で店員さんに

「カフェに行きたいんですけど・・」と言えば暗証番号が書かれた紙をもらうことができます

 

番号を押すだけでは扉は開きませんが、その方法は店員さんが教えてくれるので大丈夫!

 

さて、扉を開くと地下に続く階段が現れます。

DSC06496DSC06517

店内に入ると、小さな窓からの光と、程よい雰囲気の照明で、すごく居心地がよく

天井など至る所に時計のオブジェがあったり、ファンタジー感たっぷりの空間でした
DSC06500

DSC06515

因みにこのお店はその名前の通り、

「美味しいチョコレートを作るために日々勉強している天使達のライブラリー」

という世界観のもとに作られたカフェらしく、本も沢山置かれています

DSC06498
 

さて、私が注文したのはダークのホットチョコレート

DSC06502

因みにこれ一杯で1,000円くらいします

さすが高級チョコレートショップの直営なだけありますね

 

“Theポリフェノール”って感じで、
どちらかとゆーとかなり苦めですごく濃厚なホットチョコレートでした


私はアメリカン(ミルク割り)でオーダーしましたが、

これをヨーロピアン(お湯割り)でオーダーすると、チョコレート本来の味を味わうことができ、

スプーンですくって飲むくらい濃厚なホットチョコが出てくるみたいですよ

 

私達は夕方に訪れたので、わりと直ぐに入店できましたが

「Angel Library」は店内が決して広くないので、

日中はかなり待たないと入れないかもしれません

 

さて、このカフェを出た時点で既に時計の針は19時30分を回っていたので

ホテルに戻る前に祇園周辺を徘徊

DSC06530
 

こーゆー景色、個人的に好きです笑

 

そしてライトアップされた八坂神社

DSC06550
 

階段に誰もいなくなる瞬間をひたすら待って撮りました笑

 

そしてこのあと駅中にある居酒屋で夕食をとってホテルに戻りましたとさ。



 

続いて二日目

 

この日は15:10京都発のサンダーバードに乗らなくてはいけなかったので

行動範囲を駅周辺に絞って観光です。

 

ホテルをチェックアウトして最初に向かったのが「京都鉄道博物館」

DSC06627-1

実はここ、オープンしてからずっと行ってみたかったんですよねー

 

休日はいつも大混雑しているイメージでしたが、

とにかくこの日は連休最終日だったおかげか、メチャクチャ空いてたんです

 

小学生の頃、少し撮り鉄をやってただけに気分はアゲアゲ

 

ここでの目的はただ一つ!

500系新幹線を間近で見ること

 

これが500系新幹線。
DSC06588

歴代の新幹線の中でこれが一番好きなんですよねー

DSC06587
 

このシャープな顔つきと長いノーズがたまりません

 

因みにこの500系、デビュー当初は東海道・山陽新幹線で「のぞみ」として走ってましたが

700系の登場で「のぞみ」としての車両は退役し、
現在は山陽新幹線区間の「こだま」として走っています

はい、どーでもいい情報でした。

 

他にも初代新幹線の0系や2代目の100系も展示してあったり・・
DSC06568DSC06597

在来線だと昔、北陸本線を走っていたボンネット雷鳥やトワイライトエクスプレスもあったり・・

DSC06584DSC06643

懐かしいなーと思いながら見学してました

それではマニアのあなたの為に
鉄道博物館で撮った写真を幾つかババッと載せちゃいます

DSC06589DSC06595
DSC06604DSC06602
DSC06640DSC06629

これらの写真はホンの一部なので、興味が沸いた方は是非行ってみてくださいね

さらにマニアックなとこだと電気機関車の真下を見学できるコーナーもあったり・・、
DSC06610

自動改札機の仕組みも見れたり・・、
DSC06612

巨大な鉄道ジオラマも見れたり・・、
DSC06635

プラレールも見れたり

DSC06621

これは期間限定のイベントでしたけどw

あ、そうそう!
自動改札機展示コーナーのとこではこんな記念切符が貰えるので
見るだけじゃなく実際に体験してくださいね
PSX_20190510_220040

とにかく鉄道好きにはたまらない博物館で

多分ここだけでブログ2つ分の記事は書く自信ありますが

そろそろやめないと、また“ヲタ記事”になるので、ここら辺でやめときますw

 

さて、続いて向かったのは今回の旅行最後の目的地「東寺」
DSC06708

別名「教王護国寺」とも呼ばれ、世界遺産にも認定されているお寺です。

 

ここの五重塔は京都の象徴的なシンボルなので、実物は見たことなくても

テレビや写真などで見たことのある方も多いのではないでしょうか

DSC06692
 

重要文化財の講堂には大きな大日如来像を中心に五大明王像など、
国宝や重要文化財に認定された仏像が21体あるのですが、

ちょうどこのときは東京国立博物館で「東寺」の特別展が行われていたので、
全体の7割に当たる15体が東京出張中・・

ほぼ仏像の台座だけ見に行ったようなものでした


当然のように、ここも堂内撮影禁止だったので詳細は公式ホームページでww

http://toji.or.jp/ 

 

これが重要文化財の「講堂」。

DSC06649
 

そして薬師如来像が収められている国宝の「金堂」。

DSC06647
 

そしてこれが有名な「五重塔」

DSC06663
 

庭園から眺める五重塔が綺麗過ぎて、ホントに行った甲斐がありました

DSC06688
 

東寺には他にも「御影堂」や「小子房」など見どころがあったのですが

ガイドマップも見ずに散策してたので、こんな場所があるなんて全く気付かず、

完全にスルーしてたことを家に帰ってから発覚しました・・orz


出張中の仏像など色々見れなかった部分があるので、
次に京都へ行った際には必ず拝観してこようと思います

 

そうこうしてる間に時刻は14時になったので

バスで京都駅へ向かい、お土産と駅弁を買って帰ってきました。

PSX_20190510_164714PSX_20190510_165004
(「牛肉三昧」という名前に惹かれ、思わず買ってしまった・・www)
 

帰りのサンダーバードが強風の影響を受け、
湖西線上で30分程停車するというプチトラブルにも遭いましたが

それ以外は特に何事もなく、天候にも恵まれ、
人混みにウンザリする事もなく京都を満喫することができました

 

やはり連休初日と最終日は狙い目ですね

 

以上、京都旅行のリポートでした!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました

温泉街大好き

皆様、こんにちは

福井支店のH.Sです。

 

いよいよ4月1日に新元号が発表になりますね

皆様いかがお過ごしでしょうか

平成も残すところあとわずかですねー

 

しかし、まだ5月までは平成なんです

悔いの無いよう平成をすごしたいですね

 

 

 

とゆーわけで初ブログイエェェェイ

あげまるでいきます

 

 

 

さてさて、ブログ内容は何でもいいとの事なんで、

自分が行った大好きな「温泉街」について書きマース

※スーパー銭湯も好きですが、ここでは抜きで

 

 

 

まず、温泉街とは…

温泉街(おんせんがい、おんせんまち)は日本に於ける温泉の宿泊施設や
温浴施設などが立ち並ぶ町並み。

飲食店や土産物店、遊戯店、また、日常の生活に必要な商店などが存在する。

宿泊客は浴衣で町並みを散策することも多い。温泉場(おんせんば)とほぼ同義。
この温泉場は近年、温泉ホテルの影響を受けている。

Wikiより抜粋

 

 

 

つまりはワクワクするのが温泉街です

そう、それは、ストレス社会から離れ、非現実的を匂わせる異郷の風情

温泉や郷土料理・お酒も勿論好きですが、温泉街はもっと大好きです

散歩してーの、食べ歩きしてーの、とつぎーの

ゆったりするのが好きなんですかねー、芦原温泉には行かないですけど

 

 

 

さてさて本題に戻して、

気軽に行けそうな温泉街にはそこそこ行ってます

大学時代はUSJやミ○キーランドには行かず温泉巡りが多かったです。

 

 

 

温泉街に甲乙つけにくいのですが、どうしてもという声があったため

自分の思い出に残る温泉街を2つ絞りました

 

 

 

ひとーっつ

城崎温泉

城崎温泉(きのさきおんせん)は、有馬温泉、湯村温泉とともに兵庫県を代表する温泉です。

城崎温泉①

 

ここは行ったのが7月でちょうど花火を打ち上げるシーズンでした。

早めに温泉入って、夜ご飯も食べて、夜風にあたりぶらぶらしてると

花火の音が聞こえて、振り返ると…それはそれは、いとおかし

ライトアップされた柳のはるか上に咲き誇る夏夜の花びらは綺麗でした(キュン)

足湯もあり、コーヒー牛乳あり、雰囲気ありで満足した温泉街でした

ここで私は温泉街が好きになり、温泉巡りを始めることになります

ここは私の第2の故郷…アナザース○イ

 

 

 

ふたーっつ

有馬温泉

有馬温泉(ありまおんせん)は、兵庫県神戸市北区有馬町(摂津国)にある日本三古湯の温泉です。

林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられ、江戸時代の温泉番付では当時の最高位である
西大関に格付けされました。

有馬温泉②

 

 

大学の夏休みに温泉ぶらり道中膝栗毛と題した温泉めぐり期間中に行きました。

宿泊する旅館が上のほうにあり、見下ろしは良かったもののたどり着くまでに

細い道やらクネクネ道で車内が大暴れだった気がします

しかし、散歩すると先ほどの細い道やクネクネがいい味出してるんですよ

写真にもある橋の下では出店があり、宴会もやっており賑わってました♪

飛び入りで参加しても皆さん酔っていて、とてもWelcomeパリピでした

 

 

あれまぁ、どちらも兵庫県の温泉街でしたね

そうだ兵庫に行こう

意図したつもりはないですが、ほんとに良かったです

もちろん代表的な箱根や草津、下呂にも行っており、

すごくたのしい時間(トキ)を過ごせましたが、

何故か上記2つが思い出にあがりました

個人的写真がいっぱいあって、載せた方が伝わるかと思いましたが、

皆様には直接行って楽しんできていただきたいです

 

 

 

私からは以上です。質問等ございますか

がんばってナウでヤングなブログ構成にしたので、恥ずかしいです

楽しんで読んでもらえたら、幸いです。

新入社員のヒトリゴト-第4回-

新年明けましておめでとうございます

 

2019年最初にBlogを書かせていただきます

メディペック 木〇です

 


皆様、有意義なお正月を過ごせたでしょうか?

お正月と言えばお家でコタツに入って

TVを見ながらおせちやお雑煮を食べて…

 

 

と、まあ私がそんな風にのんびり過ごすわけもなく

バタバタとあっという間に過ぎていきました

 

私がどんなお正月を過ごそうが興味のない方は、

さーっと流していただいて結構なので、本題だけ読んでくださいね

 

 

では私のお正月をご紹介します

お正月の前に年末に家族で温泉に行きました
やたらとどこかへ出かけたがる私の家族
我ながら仲が良いなあと思います

ADIS7082

1年お疲れ様ということでおいしいご飯を食べ、温泉に浸かり
休日らしく過ごすことができました

 

そして1日は尾山神社に初詣へ

IMG_7485

初詣と言えばやっぱりおみくじ


IMG_7481


結果は「大吉」
毎年欠かさずおみくじ引きますが、ここ数年ずっと大吉な気がします←うざw

おみくじに関わらず占いなどでも同様のことが言えるのですが、
いいことはすぐ信じるくせに、悪いことだと「どうせ占いやし」とまったく信じない
とまぁなんとも単純というか能天気というか…


GFCF9275

初詣のあとは祖父母の家で新年の挨拶をしておせちを食べました

自慢じゃないですが私の祖父母、2人とも70歳を超えていますが
バリバリiphoneを使いこなしてLINEもfacebookもドヤ顔で使っています
元気すぎるぐらいに元気ですが、これからもずっと元気でいてほしいです

 

2日には京都・彦根へ家族で旅行に行きました
ってまた家族旅行…ちゃんと友人とも過ごしてますよ
私のこの性格も親譲りなのか、家族みんな旅行が大好きなので
休みの度に必ずどこかへ行ってます

まず京都で「八坂神社」へ初詣に行ってきました

IMG_7516

え…また初詣…?
私はそこまで神社に興味はないのですが、
父が「せっかく京都にきたから行こう!!」と言うのでしぶしぶついて行きました

IMG_7510

と言いながら、写真はしっかり撮ってちゃっかりSNSに載せました


そして、河原町に移動してお昼ご飯

IMG_7525

有名な「勝牛」で昼からがっつりお肉を食べてきました


そして初売り目当てにショッピングや~というときに事件発生。
前日から体調が悪かった父の具合が悪化


いや、寒い中初詣行ったからやん…と思いながら、
本気でしんどそうだったので、急遽病院を探しました


診断の結果…インフルエンザA型



家族全員、速攻マスク着用

とりあえず、この日の宿が琵琶湖の近くだったのでそこまで移動

IMG_7534

イルミネーションがキラキラで、映えなかんじでした

IMG_7533

こちらは部屋からの景色
道路を挟んですぐ琵琶湖が見えましたが、天気悪すぎてそれどころじゃないです


せっかく琵琶湖まで来ましたが次の日はすぐに帰宅しました


幸い、父以外の家族は感染せず元気だったのでよかったです


今年は暖冬であまり雪も降っていませんが、
長い休暇明けなので、疲れなど出ないように
みなさんもインフルエンザや風邪に十分気をつけて下さい
 



さてさてお待たせしましたやっと本題です

今回の新入社員のヒトリゴトは医科大チーム Tさんです

 

-------------------------------------

はじめまして。

私の名前はT飛真と書いてひゅうまと呼びます。

星飛雄馬の親戚の甥っ子の友達です。

 

見た目はいかついとよく言われますが臆病者です。

性格は周りからは優しいとよく言われます。

短所は優しすぎるところと言われます。

基本一人は寂しいと感じやすい性格です。

 

地元は和歌山です。

和歌山の魅力は海、川、木、ミカン、梅しかありません。

とても田舎ですが白浜の海はおススメです。

好きな季節は夏です。

苦手なものは雷とカメムシです。

 

私は保育園年長から野球をしています。

野球を始めたきっかけは兄二人が野球をしていたのでその影響です。

今でも野球は続けています。

 

ポジションは高校はピッチャーとファーストとサードしてました。

大学ではファーストを基本にさせていただきました。

プロ野球のファンは阪神タイガースです。

 

憧れの選手はソフトバンクの松田宣浩選手とテニスの松岡修造さんです。

松田選手を目標に野球を頑張ってきました。

野球を愛し、野球に愛された男です。

 

好きな言葉は熱い男です。

熱い男の言葉の意味は「一つ一つのことに対して熱い気持ちで取り組み中心選手になれ。」

という意味です。

 

社会人でも熱い男を胸に活気的に頑張っていきます!!

趣味は料理と筋トレです。

得意料理はオムライスです。

好きな食べ物はイチゴです。

自分の取り柄は笑顔です。

-------------------------------------

しっかり長文で自己紹介ありがとうございます

 

というか、まず星飛雄馬の親戚の甥っ子の友達って

いや、それもうただの赤の他人やないかいっ

珍しい名前なのでてっきり何か関係があるのかと思いきや

これっぽっちも関係無いようですね

 

地元が和歌山なんですね

自分の地元の魅力がたった5個だけなんて

そんな悲しい事言わないでください

 

私は生まれも育ちも金沢で、金沢から出る気もない地元LOVE人間ですが、

Tさんは地元を離れてこっちで生活していたら恋しくなるときありませんか?

 

年長さんで野球を始めたんですね

小さいころからよっぽど野球が大好きだったんですね

ぶかぶかのユニフォームを着てたんでしょうか??

きっと可愛かったんでしょうね

 

ソフトバンクの松田選手 私も好きです(特に顔がw

まさに熱男ですね

その意味のように熱い気持ちを持ちながら頑張って下さい

  

---------------10の質問--------------

質問1

Q:我が社に入社しようと思った理由は何ですか?

A:営業したいのと、会社の雰囲気が自分に合っていると思いました。


― 会社のどんな雰囲気でしょう
  営業マンになってみて今の心境を聞いてみたいです


 

質問2

Q:これから仕事面において頑張りたいこと、または目標は何ですか?

A:信頼のある幅広く動ける営業マンを目標に頑張ります。

― 周りから信頼してもらうというのはきっと大変な事だと思います
  少しずつ周りとも信頼関係を築いていけるといいですね

 

 

質問3

Q:これまでの人生で印象に残っている映画またはドラマは何ですか?理由も教えてください。

A:~BRAVE HEARTS~海猿。人助けのために命を懸ける海上保安庁の姿に感動しました。


― こんな有名なドラマ・映画なのに私ひとつも見たことがありませんすいません
  時間があったら見てみたいですが、ドラマから見るとなると相当時間かかりそうですね


 

質問4

Q:行ってみたい旅先を国内と海外のそれぞれ答えて、理由も聞かせてください。

A:国内・・福岡・美味しいものをたくさん食べたいからです。

 

A:海外・・ハワイ・暖かいし海に入りたいからです。

― 今年は慰安旅行に参加できるので、行きたいところに行けるといいですね

 

 

質問5

Q:“これは本当に買って良かった!”と思う、他人にオススメできる一品は何ですか?

A:PS4です。

― 私、ゲームというものに縁がないんですが(何をやっても下手なのでやらないだけ)
  最近友人の家に遊びに行ったら、録画したビデオなどをPS4で見てた気がします
  どんどん便利な世の中になるなあとすっかり感心していました
  あ、全然詳しくないので間違っていたらすみません

  

  

質問6

Q:あなたのここだけは譲れない!自分だけのルールは何ですか?

A:汚いのが嫌いなので常に清潔感を持っていることです。


― 激しく同意です
  潔癖とまでは言いませんが私も汚いのが嫌いなので身の回りや身だしなみは
  清潔にするように気をつけています


 

質問7

Q:子供の頃、なりたかった職業は何ですか?理由も教えてください。

A:消防士です。

  家の近くで火事があった時に消火活動がかっこよかったからです。

― どこまでも熱い男キャラですね
  キャラが全くブレなくて良いと思います
  消防士は女の子のお花屋さんやケーキ屋さん並に人気の職業な気がします

 

 

質問8

Q:一生のうちに一度はしてみたい事は何ですか?

A:海外旅行です。

 

 

質問9

Q:地球最後の日、何をしますか?または何を食べますか?理由も教えてください。

A:寝てて勝手に終わってほしい感じです。母が作ったお弁当を食べます。

  母が作ったお弁当が1番美味しいからです。

― 寝ててそのまま終わってほしいは意外な回答でした

  下手に何かするより自然と終わっていく感じが良いんでしょうか
  そしてお母さんの作ったお弁当が1番美味しいなんて
  私も息子ができたらTさんのようなことを言ってくれる子に育ってほしいです(何目線… 


 

質問10

Q:3年後の自分にメッセージをどうぞ!

A:社会人として大変かもしれませんが熱い男に成長していることを願っています。

辻飛真

-------------------------------------

最後の最後まで期待を裏切らず熱い男のTさんでした
ツッコみどころ満載でこちらも楽しかったです



さて、平成も残すところあとわずかとなりましたが、

皆様、今年1年も「セントラルメディカルの解体新書」
どうぞ宜しくお願い致します

 

わたしの3連休~in新潟~


こんにちは本社高〇です

夏休み→3連休とお休みが続きましたが、皆様どうお過ごしでしょうか?
私は頭がまだお休みモードです笑 ←社会人しっかり!!


ということで、そんな私が3連休に行った場所を記事にしたいと思います

普段は、旅行と言えば街中で美味しい物を食べたり、買い物をするのですが、
今回の旅のテーマは。。。

「自然に触れ合う」
です(節約っていうのも少し理由に入ってますが笑)

せっかく天気も良いことですし!
芸術の秋ということで!!!

20180729-echigotsumariarttriennale

新潟県の十日町で行われた
大地の芸術祭というイベントへ行ってきました

なんとこの芸術祭、3年に1回行われるらしく!!!!
何も知らずにネットで検索をしていた私ですが、後で知って
行ってよかった~と思いました!

IMG_9537
どこを通っても、棚田が広がっていましたさすが新潟!!!!

かなり山奥で開催された芸術祭ですが、たくさんの人でびっくりしましたΣ('◇'*)
特に、家族で来てる方が多かった印象ですっ

美術館の中は21世紀美術館のように、いろいろな作品が展示してあるのですが、
とりあえず美術館が
広くてでかい!!!! 

IMG_9632

美術館の中にプールがあるんです!!!!
子供達が気持ちよさそうに入ってて、見てた私まで涼しくなりましたね

IMG_9604
2枚目はこちら
何を使って作られているかわかりますか

なんと、ハンガーや扇子、料理に使うザルが使われているんです!!
発想がすごい。。。よ~~く見ると、普段私たちが使っているものばかりが作品の材料になってますね

IMG_9599
お次は、
おっと!!!!
トンネルの中にいるなんて危ない!
って思いますよね(゚ロ゚;)
これも実は室内にある作品なんです
すごくリアルに再現されていますね!!!
トリックアートのような不思議な感覚でした


そして、屋外の作品へ
私が一番行きたかった場所です!!!!!!!!!


IMG_9608


清津峡渓谷です

なんとここ、、日本三大峡谷のひとつらしいです
芸術祭の目玉らしく、みんなカメラで撮影していました

自然って美しいっ
感動が止まらなかったです


そして最後に夜ごはん
IMG_9648

新潟県で有名な“へぎそば”を頂きました
つるつるもちもちでとっても美味しかったです

こんなに楽しい旅になるとは!!!
大満足な休日でした!!

是非皆さんも新潟県へ行ってみてくださいねっ

以上、わたしの3連休でした

そうだ!京都へ行こう!!

こんにちは、EoSです
お盆を過ぎて、朝夕が大分涼しく感じられるようになりましたね(´∀`)

 

以前、同じ編集部の木◯が“夏が一番好きな季節”と、私には理解できないことを言ってましたが

ホント、私はそれくらい夏が一番大嫌いな季節なので

毎年6月下旬くらいから憂鬱になってますwww

 

でもこの暑い夏を乗り越えればいよいよ行楽の秋

私が一番好きな季節です

とゆーわけで一足早く、秋にピッタリの観光スポットを紹介します


 

今回紹介するのは秋の定番、京都

 

私が実際行ったのは去年の話ですが

ホンットにこの夏は何処にも行ってなくて他にネタが無いので、

温め過ぎて腐りかけているこのネタで繋ごうと思います!

 

さて、この日の京都旅行は日帰りだったので、
とにかく効率よく回ろうと
2週間以上前から散策ルートを計画

 

広い京都市内から、今回の旅行のターゲットにしたのは定番の清水寺周辺エリアでした

ここらへんはワリと有名な所が狭い範囲に集中してたんですよねー

 

まずは清水寺周辺のおすすめスポットをネットでググって、

目的地をピックアップ

特にお寺に関しては、朝は早く開門するけど、17時頃にはどこも閉門してしまうので

とにかく効率よく回れるように考えて作ったオリジナルルートがこれ!
google map

それではマップルートの順で観光リポートに移りたいと思いますっ

 

早朝金沢発のサンダーバードに乗り、830過ぎに京都駅に到着
何回見ても京都駅ロビーの天井の高さには圧倒されますね
408A9764

では早速、駅前からバスに乗って清水寺方面へ

 

五条坂でバスを降り、清水寺へ向かう長い坂を登っていくと仁王門が見えてきます
408A9877
 

仁王門を潜ると、まず眼に飛び込んでくるのがこの三重塔
408A9782

 

その先に進むと清水寺本堂に入れるのですが、

何か様子がおかしい・・

 

そう、今、清水寺は50年に一度の大改修工事が行われていて、

本堂はすっぽり覆われているのです
408A9811-2

 

この工事は2017年の年明けから行われていて、

檜皮葺屋根の葺き替えや漆喰壁の塗り直しなど、4年もの年月をかけて補修を行うそうです

 

工事が終わるのは2021年。

 

久しぶりに清水寺を見たかったのに、この外観はちょっと残念でしたが

しかし、私が行った日とその前日の二日間に限り、屋根の補修工事現場を一般公開してたんです

 

50年に一度の工事を間近で見れるのは、もう二度と無いチャンス!
ってことで、ヘルメットをお借りして登ってきました

 

これが清水寺の屋根
408A9826

408A9835

 

よく見ると前回の補修工事で使われた木材の下に建築当時の木材がそのまま残っていて

なんか歴史を感じましたねー

 

たった二日間だけの一般公開なのに、

知らない人の方が多かったようで、現場には殆ど観光客はいませんでした

 


さて、清水寺本堂を抜けるとすぐ左側に地主神社があります
408A9795

 

お寺の敷地内に神社とゆー、ちょっと変わった光景ですが、

ここは縁結びの神様としてかなり有名ですよねー

神社の参拝客はやはり若い女性が殆どでした
408A9797

408A9805

この「恋占いの石」はご存知の方も多いと思いますが、
反対側にも同じような石があり、その石と石の間を目を瞑って歩き、
無事にこの石まで辿り着くことができれば願いが叶うと言われています

 

地主神社の前の階段を降りると、すぐに音羽の滝へ抜けられるのですが

そうすると清水寺本堂全体の写真を撮ることができないので奥之院の方へ進みます

 

奥之院は今年の漢字を書いてる場所でも有名ですね

 

ここから道なりにずーと進んでいくと

かなり遠回りになりますが、音羽の滝に辿り着きます。
408A9858

 

ちなみにこの滝、正面から見て左から順に
「延命長寿」「恋愛成就」「学業成就」のご利益があると言われてるんですよ
休日だったので滝の前にはかなり長い行列ができてました

 

 

さて、清水寺を出て五条坂を下り、途中で右に曲がるとすぐに三年坂があります。
408A9888

408A9898

 

三年坂を下りてそのまま進むと見えてくるのが「八坂の塔」
408A9927

 

ここらへんも京都らしい風景が見れるので

おすすめスポットですね
408A9900

 

八坂の塔を少し通り過ぎると左側に金剛寺という小さなお寺があります

ここは別名八坂庚申堂(やさかこうしんどう)ともいい、最近人気急上昇のお寺なんです
408A9917

 

インスタ映えしそうな「くくり猿」が山ほどあって、
その前では着物を着たたくさんの女性が写真を撮ってました
DSC04349


ちなみに「くくり猿」とは手足をくくられて動けなくなった猿の姿を模したお守りのことで、
まぁ簡単に言うと、欲望を一つ我慢すると 願い事を叶えてくれるというご利益があります


 

さて、ここから来た道を少し戻って、二年坂の方へ向かいます
408A9943

 

景色が三年坂と似てるので、写真で見るとどっちがどっちか分からなくなりますが、

坂の両脇には色んなお店が並んでいるので、お店を見ながら歩くだけでも楽しいですよ
DSC04334

 

二年坂を抜けて暫く歩くと高台寺公園の横に出ますが

そこを回り込むように進むと右側に高台寺があります
408A9950
(高台寺の門へ続く階段↑)

408A9954

 

高台寺は豊臣秀吉の本妻、北政所ねねが秀吉の冥福を祈るために建てたと言われています。

 

ここのお庭は一見の価値アリだと思いますよ
408A9966

408A9980

408A9985

この高台寺の前の道を挟んで向かい側にあるのが圓徳院

豊臣秀吉が亡くなった後、秀吉の妻ねねは仏門に入りました。

ここはねねが晩年までの約20年を過ごした住居だったところです

409A0008

409A0019

409A0022

 

圓徳院を出て、更に北へ進むと円山公園に入ります

 

この周辺は浄土宗総本山の知恩院や八坂神社があるところですね

 

まず円山公園を抜けるとすぐに見えるのが知恩院三門
409A0026
 

じつはこれ、現存している中では日本最大の二重門なんですよ

 

この門の中には釈迦牟尼仏像や十六羅漢像があるのですが

門の中は基本的に非公開となっているため、一般の方は入ることができません・・が

私が行ったときは偶然にも特別拝観日だったので、中に入ることができたんです

 

ところが中での撮影は勿論のこと、門の上から周りの景色を撮ることすら禁止されていたため

写真は一切撮れませんでした・・

 

とりあえず中の様子ですが、照明も何もない薄暗い部屋の真ん中に釈迦像があり、
その両脇には
16体の仏像が並んでいて

天井には歴史を感じる絵が書かれていました・・こんなアホみたいな説明ですみませんwwww

寧ろ書かないほうがマシでしたね

 

 

続いて向かったのは八坂神社

祇園の町のシンボルでもあり、別名「祇園さん」とも呼ばれているようです。

ここも縁結びの神様としても有名ですね

409A0036

409A0029

(偶然、結婚式が行われていました


そして八坂神社を出て次に向かったのは花見小路通り

祇園らしい町並みが残っているところですが、

とにかく次の目的地の拝観受付終了時間が迫っていたので

足早に通り過ぎます
409A0047

 

そして花見小路通りを抜けて、次の目的地の建仁寺に辿り着いたのですが

数分の差で拝観受付時間内に間に合いませんでした・・orz

ここに来るまで色んなとこで写真を撮ることに時間をかけ過ぎていたようですwww

 

ちなみに建仁寺とは1202年に栄西禅師が建立した京都最初の禅寺で、
立派なお庭もあるんですよ

 

そして最後に向かったのはここから徒歩5分くらいのところにある安井金比羅宮
409A0051

ここは縁切り神社と言われる有名な神社で、悪縁を切り良縁を結ぶ神社です
409A0048


有名な神社だけあって、ここに着いたのは17時くらいだったのですが、まだ長い行列ができていました。

敢えて写真は載せませんが、縁切りを願う絵馬もたくさんあって、ある意味怖かったです

でも次の縁に結び付けるご利益もあるので、別れたい相手がいる方は是非行ってみてくださいwwww

 

さて、これで京都日帰り観光は終了です

最後に京都タワーから夜景を眺めて帰ってきました
409A0052

DSC04547

 

ルートを考えていたときは絶対時間余るだろうし

そのときは鉄道博物館にでも行こうと思ってたんですが、
これだけ回るだけでもあっという間に一日が過ぎました

歳をとると、こーゆー散策が楽しくてしょうがないですね

 

車の移動も殆どないので、ホントおすすめのコースだと思います

紅葉が見頃の時期になると、夜間ライトアップなども随所で行われるので
平成最後の秋を是非京都で楽しんでみてください

 (決して京都市観光協会の回し者ではありませんww)

 

以上、かなり長くなりましたが京都観光リポートでした!!

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました

アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード