セントラルメディカルの解体新書

セントラルメディカルグループの社員が当社の紹介をしたり、会社とは関係ないことを呟いたりするブログです。

送別会・・・・でもきっといつか☆

昨日、愛しの前りんの送別会でした。
同期の私にとって、この日が来るのはわかっていましたが、
あっという間にこの日になってしまって・・・・
今日は泣かない!!!笑顔で見送ろうって決めてたのに・・・・

そんな感動の送別会の幕開けはなぜか大爆笑(^▽^)

KKRホテルの一室を借りて行われたんですが、
時間の集合になぜか主人公が・・・・いない。。。。

すると司会から、『前○さん、入場です!!!』

気付くと、扉が閉まっていて、結婚式の入場のように扉が開き、
その場には前りんが1人・・・・・
突然の出来事に思わず、びっくりして、逃げ腰で、着替えの最中に
扉を開かれたようなリアクション!!!

それを正面で見ていた同期はお腹をかかえて笑ってしまいました。
写真に収めることが出来なくて残念(;_;)涙

そんなこんなで、送別会が始まり、みんな暖かい空間の中で、団欒。
おいしいメニューが続き、メインが出てくるまでにお腹がいっぱいになりそうなくらい・・・・
でも食事以上に会話に隙がないくらい盛り上がってました。

中盤にカラオケを持ってきて、
H本さんより、高校3年生
N井さん・T口さんより、スマイリー
M野さん・O山さんより、HAPPY WEDDING
・・・・最後は同期みんなで、KroroのBest Friend☆

みんながひとつにまとまってきた・・・ところで時間ももう少し。。

みんなからお花とプレゼントとひと言ずつ。
思わず泣いてしまいました。
やはりあっという間だったと感じるが、一緒に過ごした4年3ヶ月は
色んな出来事があり、1人1人の言葉を聞きながら頭の中で思い出が
広がりました。
怒られた私を励ましてくれたこと、
悩んでる私に渇をいれてくれたこと、
私の喜びを一緒に喜んでくれたこと・・・・
数え切れない程の感謝の気持ちでいっぱい。
私たち同期にとって1番のお姉さん的存在で、いつも暖かく見守ってくれました。

会社を離れても、また会える!いつか戻ってきてくれる☆
それを期待しつつ、また新しい生活を応援しています。

参加して頂いた皆様、一緒に感動の送別会に、ありがとうございました!!!!


From,CMBBCGIRL

古都金沢

東京に住む人は殆ど東京タワーに行かないように、
地元の観光名所にわざわざ足を運ぶ人があまり居ないのは当然の事。

私も長年この地に住んでいながら、
一度も行った事の無い名所は多々あります。

その観光名所の一つが"ひがし茶屋街"。

"灯台下暗し"と言う言葉がありますが、
近場でこんな風景に出会えるとは思ってもいませんでした。

夜、人通りが少なくなったこの町の景色を眺めていると
何故か気持ちが落ち着きます。

ちなみにこの写真[emoji:e-30]、実際はもう少し人通りが多いのですが、
シャッタスピードを遅くして人間を消しました[emoji:i-201]

Eos

0c6f2ab5.jpg


田舎の夜

おおくらは会社から随分離れた田舎に住んでいます。

田んぼに囲まれた、まさに田舎です。
普段はなんのメリットもないのですが、唯一良かったなぁ、と思うのは自然に触れられることです。

先日も帰宅途中、信号で車のヘッドライトを消したら、一匹のホタルがスーッと飛んでいきました。

帰宅してから、家の前に出てみると4、5匹のホタルが幻想的に飛んでいました。そのうち2匹は仲がよさそうに、一匹の後をもう一匹が追いかける形で飛んでいました。

ふと、自然に癒される。田舎も捨てたもんじゃないなぁと思える瞬間です。

おおくら

クロスカントリー

【この記事は社員限定公開です】続きを読む

珍客来社

会社の階段を下りていたら

バタバタ、バタバタ、バタバタバタ・・・

ハトが会社に迷い込んできました。

開いている窓の隙間から入ってきたようですが、
出られなくなって慌てているようです。
こういうのは、あまり得意ではありませんが
そうも言ってられないので・・・

捕まえるのは抵抗があるので、
体全体でブロックしつつ、
ムツゴロウさんのように、
「ヨーシ、ヨーシ、落ち着け、落ち着け」
と言い聞かせたつもり。
(本当は自分に言い聞かせたかったのかも。)

窓を大きく開けてやると、そそくさと出て行きました。

ホッ。

おおくら
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード